2009年05月12日

ピーナッツパウダー

ハイウェイオアシス富楽里でゲットしたお土産たちの覚書。

特筆すべきはこのピーナッツパウダー!
まんまピーナッツだけの粉末。
砂糖も塩も粉ものも何にも入ってない。
他にもあるのかもしれないけど、ぼくは初めて見た。
千葉県産落花生100%!
同じメーカーのペーストと悩んだけど、こっちのインパクトにやられてパウダーを購入。

ピーナッツパウダー01.jpg ピーナッツパウダー02.jpg

食べてみたら、これうまいよ!
焼きたてトーストにバターを薄く塗って、このピーナッツパウダーを振り掛けるだけ。
手動ピーナッツバター(笑)
粉っぽいと思いきや、直ぐに馴染んでそれほど気にならない。
むしろほのかなシャリ感が、心地よい。
これはヒットやったー!

これならピーナッツ以外の油脂もないし、塩や砂糖もお好み次第。
生クリームからバターを作れば、バターの塩分も調節できる。
いいねー!
他の使い方はこれからチャレンジ。
目に入ってないだけで、意外と近くに売っていたりするかもしれないから、探してみよう。

富楽里の収穫.jpg

・夏みかんマーマレード(友人へのお土産用)
   地元の農家の人が作った無農薬自然栽培の手作りジャム。
   同じ夏みかんでも、味の違うマーマレードがいくつかあった。
   家庭によって違うもんね。
   そういうのも面白い。
   ちなみにこれは、川名ふじ子さん作。

・コチュジャン
   地元のお店のものらしい。

・無農薬レモン
   これも地元のもの。
   2コ入りだけど、片方が以上にでかい(笑)
   これは、奥澤玉子さん作。

・千葉のおいしいお茶
   これは別記事にて。

こういう物産っていいよね。
道の駅や物産センターの充実で、今や旅の楽しみの一つとして定着している。
こちらとしては、地元の人が作るものや、家庭で食べられているものが楽しめるし、
作り手側は、自分達が普段食べているものが特別だったり、作ったものが喜ばれたりして嬉しいと思う。
気をつけないといけないことはたくさんあるだろうし、
変にブランド化とかされると、庶民は手が出なくなるから残念なんだけど、
地元密着の草の根的な地域振興は大歓迎だし、頑張ってほしいと思う。

それにやられて、買っちゃうぼくみたいなお客さんは少なからず居ると思うしね〜(笑)
 
posted by Can☆ at 20:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

海ほたるでスタバ

K3100296.JPG



<2009.05.11>
飯給駅を満喫して、帰途に。
アクアライン連絡道の側道を通り、木更津金田ICから乗る。
大々的に検問やってるみたいだったけど、特に止めたりはしてなかった。
何の検問?

帰りは急ぐでもなし、海ほたるに立ち寄る。
混んでないしね。
何度も来た場所だけど、一応海なぞを見る。
相変わらずの薄曇りの空。
段々天気悪くなってきたかな?

51海ほたる船に注目.jpg 52海ほたる&くまっちょ.jpg 53海ほたる&風の塔&船.jpg 54海ほたる・風の塔&船.jpg

TVで見たんだけど、トンネル内で何かあって避難するときには、
道路下の歩行者専用通路を通って避難するんだってね。
シールドマシンで掘ったから、トンネルが丸い。
一番広い部分に道路を作って、その下が避難路なんだね。
その通路を使って外部に避難するんだけど、トンネルが10km以上あるんで、真ん中からだと5kmも歩かなくちゃならない。
海底の暗いトンネルの中を1時間以上歩くって、かなり辛そう。
そこで、真ん中に避難路がある。
それが「風の塔」。
海底の下からだからめちゃめちゃ登るけど、風の塔に出られるらしい。
通気口ではあるが、ヘリポートや船着場が作られていて、緊急時に備えてるそうな。

風の塔、行ってみたい!!!
東京湾の真ん中に浮かぶあまりにも小さな丸いスペース!
(正確には真ん中じゃないけど)
驚くほど海が近くて頼りない感じなんだろうなぁ〜。
あー、行ってみたい。
(上の4枚の写真の真ん中にかすかに小さく写ってるのが風の塔です。)

55シールドカッターモニュメント&くまっちょ.jpg 56怪しい犬&くまっちょ.jpg

そういえば、変な曇り空で雲の密度が濃かった。
いつもは羽田に向かう飛行機がたくさん見えるんだけど、この日はほとんど見えなかった。
しかも音が聞こえて、探していると、雲の中から急に飛行機が出てくる。
こういう日はパイロットは大変なんだろうね。

せっかくだから(?)スタバで休憩。
osamuがチーズケーキを買って来てくれた。
海が見えるカウンターでしばしのんびり。

57海ほたるスターバックス.jpg 58海ほたるスターバックス&くまっちょ&カピ.jpg 59スタバスペース.jpg

個室から海の見えるトイレに寄って帰りましたとさ。
(カピバラさんのUFOキャッチャーは見るだけであきらめた・・・)

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
posted by Can☆ at 17:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飯給駅2009

<2009.05.11>
毎年恒例飯給駅。
雰囲気がいいし、通り道なんで、ついつい寄っちゃうんだよね〜。

21飯給駅舎.jpg 22飯給駅&くまっちょ.jpg

今回は珍しく駅舎に人がいた。
列車を待っている様子。
時刻表をみると、5分くらいで列車が来るらしい。
待ってみる。

来た来た!
2両編成のワンマン方式の小湊鉄道。
(ワンマンではないそうです。ちゃんと車掌さんがおられるそうです)

23いすみ線が来た!.jpg 24いすみ線後ろ.jpg 25いすみ線前.jpg 26行っちゃった.jpg
いってらっしゃーい!

次の列車までは1時間ほど空いているので、のんびり撮影。
こちらは緑のトンネル側。
列車を降りて、こっちに歩いていく人が多いね。

27飯給駅ホーム.jpg 28飯給駅&くまっちょ.jpg 29飯給駅&くまっちょ.jpg 44飯給駅から緑のトンネル.jpg

そんでこっちが踏切側。

30飯給駅踏切側.jpg 31飯給駅踏切側.jpg 32飯給駅ホーム踏切側.jpg

osamuはレコーダーで録音。
ここは蛙の鳴き声とか、鳥のさえずりとかがいい感じなんだ。
だからぼくもそおっと動きながら撮影(笑)
でも、脇の道路は結構交通量があって、ダンプなんかも多いから、録音となると結構難しいみたい。
(千葉はダンプ天国だからねー)

33飯給駅ホーム.jpg 34飯給駅で録音中.jpg 43飯給駅前の田んぼ.jpg

飯給駅&くまっちょスナップ(笑)

35飯給駅舎&くまっちょ.jpg 36飯給駅舎&菜の花.jpg 37飯給駅.jpg 38飯給駅ホーム&くまっちょ.jpg

駅舎スナップ。
駅のホームの真正面に神社があるってのも珍しいロケーションだよね。

39飯給駅舎内.jpg 40飯給駅時刻表.jpg 41飯給駅CDってどんなんだ?.jpg 42飯給駅舎から.jpg

飯給駅CDってどんなんやろ???
気になる。

見ての通り飯給駅は無人駅。
外にトイレはあるんだけど、ぽっちゃんトイレ。
体験したことのない都会っ子は是非!(笑)
あ、公衆電話ボックスもあるよー。
そうそう、関東蒲公英も生えてます♪
 
posted by Can☆ at 15:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーブガーデン再生!

090511_1226~001.jpg



<2009.05.11>
2007年に、シェフが辞めたとの事でホテルのディナーがなくなった。
そしてホテルが閉鎖。
そしてついにハーブガーデンそのものが閉まってしまった。
毎年楽しみに行っていたので非常に残念。
でもベジタブルガーデンは継続していたので、来ていた。
(主にEO&ホホバ油の買い出し・笑)

先日サン農園のHPを見ていたら、ハーブガーデンが復活してる???
詳細は良く分からないが、とにかく営業しているようだ。

ーーーーー
ベジタブルガーデンで聞いたらやっているって事だったので、
散歩がてら歩いて向かう。
裏口的な崖の階段を登ると、駐車場に車が結構停まってる。
人来てるんかな。

入口には券売機が登場。
なるほど、これだけでも結構な効率化かも。

01ハーブガーデン入口の木彫りくま&くまっちょ.jpg
ハーブガーデンのシンボルくまの木彫りが!
なるほど、こういう系できたか。
チェーンソーで作った風。
先端が置いてあるし。

階段を上がると、一面の花畑!
以前は種類別に植えてあったんだけど、混ぜこぜにしたんだね。
基本的にはハーブ。
ある意味キレイではある。

02ハーブガーデン・ハーブ花畑.jpg 03ハーブガーデン・ハーブ花畑.jpg 04ハーブガーデン・ハーブ花畑.jpg 05ハーブガーデン・ハーブ花畑.jpg

グリーンショップの前にも木彫りくま。

08グリーンショップにも木彫りくま.jpg 06ボリジの花.jpg 07カモミール.jpg

アイスコーナー「丘の上のアイス」も復活。
こちらにも券売機を設置。
osamuはベリー系のルージュフルーツソフトクリーム。
ぼくはハーブ系のレモニーミントソフトクリーム。
どちらもうまうま♪
天気もよくて、気温も高かったから、美味しかった〜!

以前馬と山羊と犬がいた場所もきれいになってる。
近づいてみると、ドッグランになってた!
大型犬と中型犬のエリアに分かれていて、競技的な遊具?もある。
掃除用の水もある。
そして、小屋はドッグホテルに!
そうだよね、ドッグラン作っておいて、一緒に泊まれないんじゃホテル利用にも影響するよね。
一時預かりや犬だけの宿泊とかもやってるらしい。

09ドッグラン&ドッグホテル.jpg 10以前ラベンダーがあった高台.jpg

ホテル「ノルマンジーの家」も営業していた。
ずいぶん昔から何度泊まったか判らないくらい利用していたところ。
復活して正直嬉しい。
HPによると5月2日から営業再開しているようだ。
スイートルームもあるみたいで、改装したんだね。
バスルームでハーブ風呂とか書いてあるから、結構手を入れたんかも。

11ホテルの入口にも木彫りくま&くまっちょ.jpg 12シンボルツリー&ホテル.jpg 13シンボルツリーにも木彫りくまが!.jpg 14ホテル&シンボルツリー.jpg
ホテル入口にも、シンボルツリーの上にも木彫りくまがっ!

そしてなんと!チャペルを作ってた!
なるほどねー。
今時だったらありかも。
どんな風になるのか、ちょっと楽しみ。

15チャペル建設中.jpg

温室も手直し中。
結構ほったらかしな感じの部分もあったからいいかも。
植物や野菜を育てるのはきれいごとではないから、作業に使う道具とか、生育中の苗とか、色々あって当然なんだけど、
できればきれいに見えるようにしておきたいよね。
見せていいものと、できれば見えない方がいいものってのがあると思う。
そこは演出次第ともいえるけど。

16温室も手直し中.jpg 17温室の一部はドッグカフェ.jpg

そして一番変わったのがレストラン。
「アンジェリカ」という名前になり、リニューアル。
特に古いとか汚いとかはなかったけど、
温室中央のホテル宿泊者用のディナー部屋の上の舞台?の木が枯れてちょっと悲しい感じになっていた。
そこもキレイになって、木彫りくまが居た(笑)
遮光用のシートを取替え、テーブルクロスを使うだけで、ずいぶん明るくなるもんだねー。

18レストランもリニューアル.jpg 19地産地消レストランアンジェリカ.jpg 20内部も明るくキレイに.jpg 21テーブルのお花&くまっちょ.jpg

ベジタブルガーデンは、団体様が帰っても、すぐに食べられるようになるかどうか定かでなかったし、ここで食べることにする。
アンジェリカプレート?というオススメのメニューにしてみる。
大多喜産の有機野菜と、地鶏や勝浦漁港直送の魚などを使っているらしい。
そうでなくっちゃね!

スープ、大多喜産有機野菜サラダ、パン&オリーブオイル(ローズマリー入り)、それにメインプレート。
今回は地鶏のグリルをセレクト。
小鉢?にはザワークラウト&ピリ辛チョリソー、それにピクルス。
食器やカトラリーも一新。
盛り付けもキレイに。

22スープ&サラダ.jpg 23メインプレート.jpg 24地鶏のグリル.jpg 25パン&オリーブオイル.jpg

味も美味しかったよ♪
もちろん、ハーブティーも頂く。
ミント系のすっきりしたハーブティーが飲みたかったので、スリミングブレンド。
(そういう名前になってたのー!)

26ハーブティー.jpg 27ハーブティー.jpg

レストランからも花畑が一望。
いいね。

28レストランからの眺め.jpg 29レストランからの眺め.jpg

経営母体が変わったからか、ショップからサン農園的な商品はなくなった。
マダム的な感じでぼくには縁がなくなったが、一般的には受けるかもね。

外のベンチとかも一新。
あんまり夢夢しくなっちゃうのは困るけど、全体的にはいい感じになりそう。
まだまだ途中なところが多かったけど、今後が楽しみだね!

30足がはまっちゃった!.jpg 31明治牛乳缶.jpg

ハーブガーデンを満喫し、ベジタブルガーデンに戻って、香油屋でガッツリ買物(笑)
いつものお兄さんから「いつもたくさんお買い上げありがとうございます!」と言われた!
こっちが覚えてるのは判るけど、向こうが覚えているとは驚き!
だって年に1回しか来ないんだよ?
何か印象に残るところでもあるんかな?
(どきどき)

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
ハーブガーデン&ベジタブルガーデンのメインページがこちら。

そしてこちらが「ハーブガーデン」のHP。
株式会社ハーブガーデンとなっている。

こちらが「ベジタブルガーデン」のHP。
有限会社サン農園とある。
 
posted by Can☆ at 14:42| Comment(9) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベジタブルガーデン

<2009.05.11>
房総の旅のメインであるベジタブルガーデン。
ここでランチ〜と思っていたら、何やらレストランに大量の人がいる?
ありえない人数が食事をしているようだ。
しかも高齢の方が多い。
外に停まっていたマイクロバス3台はこれかっ!
バイキング風のコーナーも設置されていて、完全に団体仕様だ。
とてもぼくらが入り込める感じじゃない。
ありゃー。

ショップで会員登録をしているときに聞いてみると、やはり何かの団体らしい。
スタッフのほとんどがかかりっきり。
団体が居なくなるまで、食べられそうにない。
そういえば、と思ってハーブガーデンのことを聞いてみると、やはり再開してるらしい。
どこかの会社が買い取ったとかで、経営母体が変わったんだね。

ひとまず温室内を散策。

35ベジタブルガーデン.jpg 36ベジタブルガーデン苗コーナー.jpg 37菜の花.jpg 38ゼラニウム.jpg
ゼラニウムがキレイに咲いてる。

39ヤロウの花&くまっちょ.jpg 40カモミール.jpg 42白葡萄&くまっちょ.jpg 43ナスタチウム&ローズマリー.jpg

カモミールもローズマリーもこれだけあったら、FRESHを使いたい放題なのになぁ〜。

41ローズマリー&くまっちょ.jpg

しばらく待ってみたけど、まだまだ食べられそうもない。
お買い物は帰る前にする予定なので、とりあえずハーブガーデンに行ってみることにする。

「サン農園」のHPはこちら。
EOや蜜蝋、ホホバ油Gを愛用中(笑)
最近はアロマトリートメントを始めたり、ハーブ講座なんかもあって、積極的にやってるみたいっす。
 
posted by Can☆ at 12:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rupee House in鴨川

<2009.05.11>
ペンション「インディアンサマー」をチェックアウト。
最初に向かったのは面白い建物だというRupee House。
いわゆる鴨川のメインストリートにあるという。
「すき屋の向かい側にあるから、看板を見て、お腹減ったなぁ〜なんて目を奪われていると通り過ぎちゃうよ。」
という大変判りやすい案内をもらっていたので、直ぐにわかった(笑)

こだわりの建物や〜。

10Rupee House外観.jpg 11Rupee House外観.jpg

屋上には野菜やハーブを植えて収穫し、冷却効果も見込んでいるらしい。
エアコンはないのだそうな。
うちもエアコンないんで、共感できる(笑)
暖房は店内にある暖炉でまかなう。
暖炉って昔から憧れてるんだよねー。
すごいなー!

店内も可愛い♪
許可をもらって撮らせてもらいました。
ディスプレイや構造もこだわりが見えるね。
作りつけの棚のついている壁は土壁だった。

12upee House店内.jpg 13Rupee House暖炉&くまっちょ.jpg 14Rupee House店内.jpg 15Rupee House流木&くまっちょ.jpg

暖炉の前にあるジョウロ、どこかで見たなと思ったら、「unknown PLANTS」においてあったんだ!
出所はここだったんだね〜。
ふと、店内のカタログを見ると、どこかで見た顔が・・・。
「unknown PLANTS」のmihoさんじゃん!
モデルさんもやってるのね!
ってか、そういえば店内にある帽子とか、服とか着てたかも。
もちろん、多肉ちゃんも居たよ〜。
南房総ネットワークだ(笑)

オリジナルブランド「rulezpeeps」の服のほか、作家さんの作品が色々。
ガラスアクセサリーや、壊れたスケボーを使ったアイテム、流木を使ったディスプレイなどなかなか可愛いっす!
地元のパン工房が焼いた有機パンも曜日指定で入荷。
(暖炉の左側に乗ってる籠)
楽しそうだな〜♪

せっかくなので、osamuはTシャツを購入。
rulezpeepsのオリジナルロゴTシャツ。
普段のお買い物から比べると、ちょっとだけお高いけど、こだわりの素材なのだ。
これにゃんと、コットン15%、ヘンプ60%、バンブー25%。
竹を使ってるんだね!
生命力の強い竹は、エコ素材として今や注目の素材。
着心地はどうかな?
楽しみ!

RupeeロゴTシャツ01.jpg RupeeロゴTシャツ02.jpg RupeeロゴTシャツ03.jpg

ぼくはポストカード。
ペンギンのイラストが可愛いっしょ?
さっちの誕生日に使おうと思って(笑)

ペンギンポストカード01.jpg ペンギンポストカード02.jpg

裏の解説を見て帰ってから調べてみたら、「工房絵」のものだった。
工房絵は平塚にある福祉施設。
アートに着目して活動しているスタジオらしい。
知らなかった。

16Rupee House看板.jpg

「rulezpeeps」のHPはこちら。
鴨川の海と山に育まれて成長しつづけるブランド。
コンセプトもしっかりしていて高感度大。
取り扱っているショップも多いみたい。

「工房絵」のHPはこちら。
 
ラベル:Rupee House 鴨川
posted by Can☆ at 10:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンション「インディアンサマー」

K3100295.JPG



<2009.05.10>
今夜の宿は鴨川の丘の上にあるペンション「インディアンサマー」。
実は昨年泊まった不思議なプチホテル?の近所(笑)
ここはそのとき候補の一つだった、昨年から目をつけていたところなんだ。

到着すると、ご主人が迎えてくれた。
いかにもサーファーないでたち(笑)
陽に焼けた肌、明るい髪色、ラフなTシャツ&7分パンツ姿が良く似合う。
今日は日曜泊だからか、お客さんはうちらだけ。
貸切〜!
淡々と説明を受け、お部屋へ。
全ての部屋はオーシャンビューなのだけど、一番眺めがいいというお部屋を用意してくれた。
あいにくの薄曇の天気だったけど、眺めがいいのは気持ちいい!
鴨川の漁港が見えるよん!
お部屋は特に凄いわけではないけど、明るくて清潔な印象。
エクストラベッド用のソファのある空間がちょっと広くて使いやすい。
(3人だと狭いけど・笑)

01インディアンサマー部屋ビュー.jpg 02インディアンサマー部屋ビュー.jpg

まずはお風呂!
建設途中の様子をHPで見ていたから、楽しみにしてたんだ〜♪
ナイスビューの露天風呂なのだっ!
ココット皿のような巨大な陶器の湯船がすごい。
大きいと焼くのが難しく、割れちゃうんだとか。
3回目に無事に焼き上がった貴重な湯船(笑)
湯船につかっているときには外は見えないけど、ナイスビュー。
屋根のある半露天だから、雨の日でも快適だね。
シャワーはひとつだけだけど、交代で使えばノープロブレム。
他に内風呂が2コあって、基本家族風呂方式なので、快適に使えると思う。

03インディアンサマー露天風呂外観.jpg
(お風呂内部の写真はないっす。HPで見てね)

そして夕食。
ダイニングは広々としていて明るい。
ムーディーな照明じゃなくて明るいところが、osamu的にナイス!
(暗いのが嫌いなのだ・笑)

27インディアンサマーのテーブルのお花&くまっちょ.jpg 26インディアンサマーのダイニング.jpg
(いきなりぼくのカメラを持って、写真を撮ってくれる・笑)

今夜のワインはチリ産赤ワイン「トキ・アンディーノ」。
しっかりタンニンで、飲みやすく美味しかったっす。

28トキ・アンディーノ.jpg 29トキ・アンディーノラベル.jpg 30トキ・アンディーノ裏ラベル.jpg

・プロシュート&マンゴーのサラダ
   生ハムメロンは有名で、でもぼく的には納得のいかない食べ物のひとつなんだけど、これは美味しい!
   生ハムマンゴー、ありだよあり。
・そら豆入りのコーンスープ
   地元の友達がでっかい袋にいっぱいのそら豆をくれたんだとか(笑)
   それでそら豆入り。
   いいよね、そういうの。
・舌平目のベーコン巻
   舌平目のムニエルってよくあるよね。
   ぼく的にはどっちでもいいメニューのひとつなんだけど、これは面白い。
   ベーコンを巻くことでボリューム出るし、パサパサしない気がする。

31プロシュート&マンゴーサラダ.jpg 32そら豆入りコーンスープ.jpg 33舌平目のベーコン巻.jpg 34舌平目のベーコン巻.jpg

・地鶏の香草焼き
   これ美味しかった!
   野菜も地元のものだとか。
   やっぱりさ、わざわざ旅行に行ってるんだから、地元のものが嬉しいよね。
・ティラミス&マンゴーシャーベット&フルーツ
   マンゴー大好きだから、シャーベットが嬉しい♪

35地鶏のグリル.jpg 36デザートプレート.jpg 37ティラミス&マンゴーシャーベット.jpg

すっごい激うま!っていう感じではなかったけど、
きちんと作られていて、手が掛けられている料理でよかった。
別注でお刺身の盛り合わせとかも頼めるみたいです。
さすが、鴨川!

食後はご主人とトーク。
地元のお店とか、出かけたときの写真を見せてくれた。
実は最初に会ったとき、あまりにも淡々としていて笑顔がないので、
うちら歓迎されてないのかな?とか、今日はお休みしたかったのかな?と心配になってた。
でもそんなことはなかったみたい。
そういう人なんだね。
結構しゃべるし、時に笑うし(笑)

ダイニングに飾っている絵が気になって聞いてみたら、地元の作家・澤匡章さんの作品なんだとか。
渋谷のパタゴニアで展覧会もやったことがあるとかで、今年のTシャツのデザインにも採用されているらしい。
すごいな!
(後日osamuがそのTシャツを購入)

ここにもちょっと変わった多肉がいる。
もしやと思って聞いてみたら、やっぱり「unknown PLANTS」のものだった(笑)
インディーズでピザを食べたこと、紹介されて「unknown PLANTS」に行ってきたことなどを話す。
すると、鴨川にある面白い建物のお店があると紹介される。
写真を見ると確かに面白そうだ。
明日行ってみるか?

そして小鉄の登場!
インディアンサマーのアイドルチワワ。
ちゃんと芸もするし、可愛いんだぁ〜♪
芸を見るのに夢中で、写真を撮り忘れた!
HPで見てね〜。

露天風呂は夜でも入れると聞いたので、行く気満々だったんだけど、
酔っ払いだったから、部屋に戻ったら寝てしまった・・・(苦笑)
残念!

<2009.05.11>
今日も微妙な天気。
でも雨は降ってないし、ほのかに晴れている。
朝食はもちろんオープンデッキで!

04インディアサマーオープンデッキ.jpg 05海を眺めるくまっちょ.jpg

爽やかデッキで朝食なんて気持ちいいね〜!
パンのおかわりもできます。

06インディアンサマーの朝食.jpg 07朝食プレート.jpg

気持ちのいいペンションだった。
新たな常宿の登場か???(笑)

08インディアンサマー外観.jpg 09インディアンサマー看板.jpg

そして、南房総ネットワークに巻き込まれ、次なるスポットへ行くことに。

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
ペンション「インディアンサマー」のHPはこちら。
ご主人はニーグリップサーフィンってのをやってるらしいっす。

澤匡章さんのHPはこちら。
代官山の有名サンドイッチ屋でも個展をやったことがあるみたい。
osamuは曇波画シリーズが好きみたい。
ぼくはSILENTシリーズが好き。
古材を使ったアートフレームも可愛い。
 
posted by Can☆ at 10:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

unknown PLANTS in鴨川

K3100294.JPG



<2009.05.10>
インディーズのご主人が教えてくれた多肉植物屋さんに行ってみる。
多肉植物と聞いて、素通りはできないっしょ?(笑)
しかし、場所がわかりにくい。
あまりにも目印がなくて、入り口を一度通り過ぎてしまった。
戻ってそれらしい脇道に入ってみる。
少し進むと、インディーズで購入した地元ミニコミ誌「波音日和」に載っていた建物があった。

車を止めてみるが、誰もいない。
ってかこの建物、まだ出来上がってない。
道具とかがあって、まさに作ってるって感じ。
近くに温室がいくつかあって覗いてみるが、野菜みたいだったりして多肉の気配がない。
しばらくうろうろしていたら、海側の草むらから歩いてくる女性が。
雰囲気から「もしかして?」と思っていたら、やっぱりお店?の人だった。

インディーズで聞いてきた、波音日和で見た、という経過を話し、多肉を見せてもらうことに。
実は作りかけの建物はショップなのだそう。
植物園に勤めていたご主人と、ケーキ屋さんで働いていた奥さんが二人で始めた多肉栽培。
今まではバザーやフリマなどのイベントに出品したり、温室で直接販売していたそうだ。
しかし、温室は栽培中のものあり、売れるものと売れないものがある。
価格札もついてない(笑)
舞台裏を見せることにもなるので、ショップをセルフビルドで作っているのだそうな。
そこが最初にたどり着いたところ。

色々多肉植物を見ているけど、珍しいものとか、あんまり見たことがないものも結構ある。
少し前に地元フリーマーケットや青空市に出してしまって、売れるものがあまりないとのこと。
欲しいと思ったものは、親株だったりして、難しい(笑)
色々話をしながら、2コセレクト。
多肉の育て方なんかも聞いたりして、楽しかった♪
許可をもらって温室内を撮影。

20unknouen PLANTSの温室.jpg 21nknouwn PLANTSの温室.jpg 22unknown PLANTSの温室.jpg

ステキでしょ〜?
繋がっている隣の温室では、プルメリアが育てられていた。
プルメリアには思い入れがあるのだそう。
うちのプルメリアは溶けちゃったので、そんな話もする。
ここで、プルメリアの種を見せてもらった!
すっごい巨大な角みたいな豆に、たくさん種が入っているそう。
すごいな、初めてみた!

23unknown PLANTSの多肉&くまっちょ.jpg 24unknown PLANTSの多肉たち&くまっちょ.jpg
この可愛いジョウロ、覚えておいてねー(笑)

建設中のショップ、完成が楽しみ♪
ご夫婦共にサーファーで、家のすぐ前は海。
この日も、鎌倉から突然友達が遊びに来たとか。
次行くときはできてるよね?ね?(笑)

25known PLANTSのセルフビルド中のショップ.jpg

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
「unknown PLANTS」のブログはこちら。
訪ねたとき、「3日前にブログ始めたんです」と言ってました(笑)
できたてほやほやのブログですが、いい感じですよ〜。
 
posted by Can☆ at 15:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピザ「インディーズ」 in千倉

090510_1435~001.jpg



<2009.05.10>
昨年から南房総コースにふくまれたインディーズ。
薪釜焼きのピザが絶品なのだ!
もちろん今年もいきまっせ!
もう場所も判ってるし、スイスイ〜♪

こちらとしては、昨年来てるので知った場所の気持ち。
(まだ1度だけなのに・笑)
気さくな夫妻が迎えてくれる。
店内は相変わらず明るくて爽やか。
天井が高いのがいいんだね。

07インディーズ店内.jpg 08インディーズ店内.jpg 09インディーズ店内.jpg

くまっちょの写真を撮っていたら、
「以前にもいらしたことあります?そのくまさん連れて・・・」
おおお〜!
くまっちょが覚えられているとはっ!
ワゴン営業から、固定店舗になったばかりだったので印象が残ってたのかもしれないね。

10瓶コーラ&くまっちょ.jpg

カウンターのオープンキッチンなので、焼いているところが見られる。
ご主人もどうぞ見てくださいって感じなので、大丈夫。

11インディーズ薪窯469℃.jpg 12インディーズ薪窯ピザ投入.jpg 13インディーズ薪窯ピザ上面を焼く.jpg

ピザ生地を伸ばして、具材を乗せて、薪窯に入れる。
温度や焼き具合を見ながらピザを回し、最後に表面に焦げ目をつけて出来上がり!
薪をたき、500℃という高温で焼くので、あっという間。
1枚づつ焼くので、タイムラグはあるが、すごく待つという感じはしない。
焼いているところを見るのも楽しいしね♪

今回他の頼んだのは2種類。
昨年来たときは、お腹いっぱいで1枚しか頼めなかったから悔いが残ってたんだ。
・自家製スモークハーブチキンと地野菜のピザ
・自家製アンチョビとパイナップルのピザ
(正式名称は失念)

14地鶏燻製と地野菜のピザ.jpg 15地鶏燻製と地野菜のピザ.jpg 16アンチョビとコーンのピザ.jpg 17アンチョビとコーンのピザ.jpg

薄いタイプの生地で、ぷわぷわのカリカリのもっちり。
具材の味も美味しくて、やられる(笑)
薪窯なので木の香りがあるんだね。
地鶏も地野菜もほんと美味しいし、アンチョビとパイナップルってのも合うんだね〜。
パイナップルの酸味で、ピザなのにさっぱり感じる。
ここのピザは不思議としつこくないので、たくさん食べられる。
今回はさすがにお腹いっぱいになったけど、普通に空腹なら1枚は余裕。
ほんと、ここのピザ大好き♪

ご夫婦でハーレーオーナーなので、バイクの話しなんかも盛り上がる。
老舗バイク雑誌「クラブマン」の取材も受けたとか。
見せてもらったけど、すごくいい写真で載ってた。
これ見たら食べに来るなーって感じ(笑)
そのカメラマンが、ご主人が若い頃サーキット巡りをしていた頃に憧れていたカメラマンさんで、とっても嬉しかったとか。
縁って不思議だねー。
しかし、クラブマンが休刊とは・・・(涙)
バイク離れは深刻だな。

18インディーズ外観&くまっちょ.jpg 19インディーズのルーツワゴン.jpg

前に来たときも思っていたんだけど、店内に多肉植物が飾られている。
気になって聞いてみたら、地元に多肉屋さんがあるんだそうな。
種類がたくさんあって、いいところだとわざわざ地図を書いてくれた。

んじゃ、多肉屋さんに行ってみるか?

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
薪窯ピザ「インディーズ」のHPはこちら。
 
posted by Can☆ at 14:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイウェイオアシス富楽里

K3100293.JPG090510_1252~001.jpg



<2009.05.10>
恒例の南房総の旅。
メインはいつものサン農園(ベジタブルガーデン)なんだけど、毎年新しい発見があって、行く場所が増えたり、
同じ場所でも気になるアイテムがあったりして、面白い。
今回は南房総ネットワークに巻き込まれた旅だった(笑)

ーーーーー
今回は高速料金1000円の懸念があった。
うちには車がないので、必要なときには実家の車を借りている。
実家もたまの買い物と通院に使っているだけで、遠出をするのは年に1回あるかないか。
ぼくらが借りるのも年にせいぜい3回程度。
ETCを買うほど高速道路を使わない。
ましてや、この政策は期間限定。
ってことで、ETCはつけてない。
恩恵は受けられないのに、渋滞には巻き込まれる。
仕方なく、GWは避けて翌週に行くことになった。
(本当はGW中の方が、ワークショップとかイベントがあって楽しいのにさー)
実際アクアラインは相当な混雑だったらしい。
TVで見たら、「それって全線じゃんっ!」っていう渋滞の数字。
アクアラインは早く行けるから意味のある道路。
すっと行けば30分かからずに千葉に渡れる。
半分以上はトンネルだし、あそこで渋滞したくない。
(海底なんだもん。)

前置きが長くなったが、GWを避けたとはいえ、日曜日。
渋滞の可能性大。
覚悟して出発。
首都高で東京湾をぐるっと回るルートも検討したが、首都高が空いているとは限らないし、
(大井とか習志野とか千葉とかできっと混んでる)
距離も相当あるし、渋滞しても並んでる方が早いと判断。
久里浜からフェリーという手もあるが、こちらも時間がかかるし、お金もかかる。
やっぱアクアラインが便利なんだよね。
案の定、アクアマリンには既に渋滞情報が出てる。
まあ、のんびりいきやしょう。

海ほたるからの眺めが好きで、いつも立ち寄るんだけど、今回はパス。
とにかく千葉に渡っちゃわないとね。
予想された渋滞も特になく、トンネルに突入。
するとラジオが強制的に切り替わる。
「トンネル内で事故発生」
まじっすか?!
最悪や・・・。
渋滞の最後尾につくまで気をつけて走る。
しばらくして最後尾に。
半分くらいは来てるから、まあいっか。

ゆるゆると進む渋滞。
後ろから警察や道路公団の車がやってくる。
事故ったばかりなのかな?
しばらく進むと、事故現場があった。
うわっ!車が逆さまになってる!
白い乗用車が逆さまに、横には脇がへこんでる車がもう1台。
近くには子供二人を抱いた夫婦と男性。
どちらが悪いかとかは判らないけど、子供たちには怖かっただろうね。
突然の事故、トンネルの中で待つ時間。
車は便利な乗り物だけど、使い方を誤ると鉄の凶器になる。
気をつけよう。

ーーーーー
事故現場をかわしてからはすこぶる順調。
やはりGWを避けて正解だったね。
館山自動車道に入り、そのまま富津館山道路へ。
最初のポイント、ハイウェイオアシス富楽里に到着。

ここは結構いいんだよね〜。
こちら側から入る(2階?)と、地元のお店が出してるお惣菜屋さんやラーメン屋などがある。
ここの食べ物がめっちゃ美味しそうなんよ!
1段下がる(1階?)と、売店。
この売店がまた充実してる。
すごく広いわけではないが、漁協直営コーナーの鮮魚、貝、海産物などから、お土産品、地元の農家の人が作った野菜、お惣菜などが満載!
目移りしちゃう(笑)
これから帰るんだったら野菜とか買うんだけどねー。
サン農園では、いわゆるお土産的なものはないので、ここで調達する。
昨年はここで房州名物の太巻きを買って食べた。
素朴で可愛いし、特に三つ葉巻きが美味だった♪
次にピザが控えているので、お惣菜が食べられなくて心残りだったので、今年はお惣菜にチャレンジ!

2階?のお惣菜屋さんはいつも盛況!
目移りして選べなーい!

01ハイウェイオアシス富楽里・青倉.jpg 02ハイウェイオアシス富楽里・青倉.jpg 03ハイウェイオアシス富楽里・青倉.jpg 04ハイウェイオアシス富楽里・菜の花.jpg

そんな中、厳選したのがこちら。
蟹の唐揚げ、つくね、レバかつ、秋刀魚生姜煮。
どれもうまうま〜♪

05沢蟹の唐揚げ&つくね.jpg 06レバかつ&秋刀魚生姜煮.jpg

初夏を思わせる陽射しの下で食べるのがまたいい。
ツバメがやってきて、巣作りの準備をしていた。
願わくば、テーブル&ベンチがもう少しあるといいな。
圧倒的に数が足りてないし、コの字型の内側なので風通しがよくない。
空間的に難しいのかもしれないけど、お願いしますよ〜。

ふと、どこからかメロンシャーベットの匂いがしてきた。
(メロン型の容器に入ってる、あれ)
子供がどこかで食べてるのかな?と見回したが、それらしい姿はない。
誰かがガムでも食べてるのかな?と思ったが、ずーっと匂ってるのは不自然。
ずっと不思議に思いながら食べていた。
食べ終わっても匂いがしているから、改めて見回してみると、原因が判った。
犯人は横に植えられていた「カラタネオガタマ」。
ちょっと地味だが肉厚の花が咲いている。
いかにも芳香がありそうなタイプ。
近寄って嗅いで見ると、メロンだ(笑)
解説板があって、バナナの香りって書いてあったけど、これはどう考えてもメロンシャーベットだ。
ようはエステルだね。

さあ、一休みしたし、ピザを目指して千倉へ向かうぞ!

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
「ハイウェイオアシス富楽里」のHPはこちら。
道の駅も兼ねているので、下道からも利用できます。
 
グーグル20090510母の日.jpg
 
posted by Can☆ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

飯給駅2008

080428_1806~001.jpg



ベジタブルガーデンの帰り、何時も通る飯給駅に立ち寄る。
先客が居て、おじさんがやはり撮影していた。

こんな遅い時間に来たのは初めてかも。
ぼくのコンパクトデジカメにはキツイが、雰囲気は良い。

ホームに入ると、ど真ん中の正面に、真新しい「線路に立ち入らないで」の看板が!
まあ、鉄道会社的には分かる。
時刻表も確認せずに線路に入るバカモノが居たんだろう。
(列車が来ない時にちょっとお邪魔しますって気持ちがないとね)
でも、いい場所だけに看板が邪魔。
もう少し考えて立てて欲しかった…。
写真に入っちゃうよ…(T_T)

飯給駅PS.jpg 飯給駅P2S.jpg

仰せの通り、線路には入らずに、対岸の田んぼへ回る。
蛙の鳴き声がサラウンドで響きわたる。
いい雰囲気。

28-24飯給駅遠景.jpg 28-25田んぼに映る雲.jpg 28-27飯給駅とくまっちょ.jpg 飯給駅P3S.jpg

しばし堪能していたら、踏み切りが鳴り始めた。
小湊線がやってきた。
いつ見ても味のあるカラーリングやね〜。
この田舎くささがいい。

28-28小湊鉄道来る.jpg 28-29小湊鉄道.jpg 28-30小湊鉄道.jpg 28-32小湊鉄道行く.jpg

28-31小湊鉄道とくまっちょ.jpg 28-33飯給駅点灯.jpg 28-34飯給駅踏み切り.jpg

列車から降りた女子高生が、出口とは反対に歩いていく。
見ていると、ホームから線路に降りて歩いて行った。
そっちに家があるんだろうね。
やっぱそういうもんだよなぁ〜。

28-49線路を帰る女子高生.jpg 28-48飯給駅踏み切り.jpg 28-47飯給駅.jpg
(osamu photo)

<おまけ>
28-35鳴るのを待ってるくまっちょ.jpg
海ほたるのフードコートで、ラーメンが出来たお知らせを見張ってるくまっちょ。

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
「飯給駅」のグーグルマップはこちら。
 
ラベル:小湊線 飯給駅
posted by Can☆ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベジタブルガーデン2008

080428_1356~001.jpg



いよいよ目的地のベジタブルガーデン!
メインは買い物だけど、まずはイベントを楽しむ。
GWは大きなイベントのひとつだからね!

最初はクイズラリー。
ガーデン内に掲示されているクイズを探しながら巡って答えを書き込んで行く。
いつも思うんだけど、花言葉って全く興味ないんだなぁ〜(;^_^A
昨年も花言葉の問題があって、全く判らなかったっけ。
今年も花言葉があった。
ローズマリー。
悩みながらも全て記入して、抽選箱へ。

15時から抽選会。
その場に居る人だけがもらえるローカルルール(笑)
残念ながら今年は当たらなかった。

やっとランチ!
外が見える窓際のカウンターに座る。
二人ともパスタセット。
フレッシュハーブたっぷりのサラダが魅力♪
osamuは、自家製バジルペーストのパスタ。
ハーブコーヒー(カフェインレス)。
ぼくは、ラタトゥイユソースのパスタ。
胃腸すっきりブレンドのハーブティー。
どちらもうまうま♪
昔のベジタブルガーデンはかなり酷い味だったけど、
近年は美味しくなったね〜(^-^)v
サラダは毎日食べたいくらい(笑)

28-19ラタテュイユパスタ.jpg 28-20ラタトゥイユパスタU.jpg 28-21グリーンサラダ.jpg 28-22バジルパスタ.jpg

お腹が満たされたところで、クイズの時にosamuが気になって仕方なかった楽器作りのワークショップを覗きに、畑の真ん中へ。
散々悩んだあげくに、竹ドラムを作る事に(笑)。
表面に焼き色のついた太い竹(ひと節分)にH型に切り込みを入れるだけ。
太いハンドドリルで穴を開け、ノコギリで切っていく。
カッターでバリを取り、幅を広げる。
長さの短い方(音の高い方)に潰した王冠シンバルを装着。

待っている間に、ぼくはバチ作り。
竹棒をカッターで削り、先端に布を固く巻く。
両方に紐を通して完成!
ただ切り込みを入れただけなのに、いい音がするだねー♪

28-23竹ドラム製作中.jpg 竹ドラム.jpg

もう一組、ひょうたん笛とひょうたんマラカスを作っていたファミリーと、即興セッション♪
ベジタブルガーデンの温室の中に、竹とひょうたんの音が響く。
循環系はヤバイね!
簡単な上に、楽しい過ぎる(笑)
永遠に続くかと思った(≧∇≦)
osamuは、さらにCDを購入。
(バリの蛙の音CD、ディジュリドゥのCD)
ぼくは、バンブーカリンバキットを購入。

このワークショップをやっていたのは、「ポンぴ〜シャカ」というグループで、業界では有名な方のようだ。
旦那さんは、日本のディジュリドゥの第一人者らしい!
osamu大興奮!(笑)
(ディジュリドゥに憧れているのだ)
奥さまはジャズから民族音楽に入った人のようで、独特のオーラをかもしていた(o^o^o)
元々は横浜の綱島に居たそうだが、開発に伴い千葉に移った。
誰にでも、気軽に、楽しく音楽に親しんでもらいたいと活動している。

「ポンぴ〜シャカ」のHPはこちら。

楽器の手作りキットの販売もあります。
また、ひょうたんの買い取りもやっています。
栽培されている方は是非ご協力を!

そしてついに香油屋でお買いもの!
ホホバ油大量購入!
ネロリとローズオットーも!
いつもながら、結構な金額になったら、オマケをつけてくれました(笑)

そしてレシートでガラポン。
かなり回したのに、全然当たらず…( ̄▽ ̄;)
クジ運ないなぁ〜。
あまりに気の毒だったらしく(苦笑)、末賞たくさんと、他の商品を交換してくれた!
ラッキー!
こういうアットホームなところがいいやね〜。

帰り、駐車場で荷物を積んでいたら、「ポンぴ〜シャカ」の奥さまがワンちゃんのお散歩から帰って来た。
可愛い〜ね〜♪

ぼくは買い物が出来てご機嫌。
osamuは車の中でも竹ドラムをポコポコウキウキ(笑)
今回も楽しかったね♪

「サン農園」のHPはこちら。

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
posted by Can☆ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カントウタンポポ

080428_1123~001.jpg



魚見塚展望台への道すがら、カントウタンポポがたくさん咲いていた。
こういう場所には何とか残っているんだね♪
先日TVでハイブリッドがあるってやっていてびっくり!
ガクが反り返ってないけど、きちんとすぼまってもいないものが増えているらしい。
ここのはちゃんと花に添っていたよ。
頑張れ!カントウタンポポ!

28-13関東蒲公英01.jpg 28-14関東蒲公英02.jpg 28-15関東蒲公英03.jpg 28-16関東蒲公英04はなびら.jpg

28-17関東蒲公英とくまっちょ.jpg

あ、ちなみに、この道沿いには山羊を飼っている家が何件かあってこれまたびっくりした!
さすが、酪農発祥の地が近いだけあるな。

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
ラベル:関東蒲公英
posted by Can☆ at 12:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚見塚展望台

080428_1103~001.jpg



アンティークホテル「ら・みらどーる」のすぐ上に一戦場公園がある。
その更に奥にあるのが魚見塚展望台。
細い道を10分ほど進むと展望台が現れる。
昔はここから魚を見つけたらしい。
魚が見えるかどうかはともかく、Niceビューポイントだ。
左手には鴨川市街、右手には太海の海岸が見える。
晴れてたらもっときれいなんだろうなぁ〜(;^_^A

28-11魚見塚展望台から鴨川方面.jpg 28-12魚見塚展望台から太海方面.jpg 魚見塚展望台P2S.jpg 魚見塚展望台P3S.jpg

こういう場所に鍵をつけるのは誰が始めたんだ?
個人的には、ゴチャゴチャして景観が悪くなるからあんまり好きじゃないんだけどねー。
実際困ってる場所も多い。
(撤去が大変らしい)

でもこの魚見塚展望台では公認。
手前の一戦場公園で南京鍵を売ってるくらい。
鍵をつけたい人は是非どーぞ。

この女神像は下からも見えたよ!
すごいね!

28-45魚見塚展望台.jpg 28-46魚見塚展望台女神像.jpg
(osamu photo)

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
魚見塚展望台のグーグルマップはこちら。
 
posted by Can☆ at 11:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

アンティークホテル「ら・みらどーる」

080428_1020~001.jpg080428_1021~001.jpg080428_1022~001.jpg



今回の宿は、アンティークホテル「ら・みらどーる」。
ホームページで見た感じでは、館内中アンティークグッズで満ちてるイメージ。
ーーーーー

着いてみると、一戦場公園へ登る途中の斜面にあった。
斜面に煉瓦とオレンジ瓦屋根の建物がある。
壁には古い陶器がはめこまれていて面白い。

28-04ら・みらどーるフロント棟.jpg 28-05ら・みらどーるホール&バス.jpg 28-09ら・みらどーるホール.jpg 28-10ら・みらどーるレストラン.jpg

中に入るとほの暗い。
照明もアンティークなんだね。
廊下にもアンティークグッズがたくさん!

宿泊棟は斜面の急な方に建っているので、階段状の複雑な構造で面白い。
お部屋の家具も全てアンティーク。
だから同じお部屋はないんだね。

27-25ら・みらどーる部屋スナップ01.jpg 27-26ら・みらどーる部屋スナップ02.jpg 27-27ら・みらどーる部屋スナップ03.jpg 27-28ら・みらどーる部屋スナップ04.jpg

27-29ら・みらどーる部屋ミニベランダ.jpg 27-30ら・みらどーる部屋ビュー.jpg 27-54ら・みらどーる部屋黒電話.jpg

窓からは遠くに海が見える。
すっきり晴れていたら良かったんだけどね〜。

まずはディナー。
食器ももちろんアンティーク。

27-32ら・みらどーるディナー02.jpg 27-33ら・みらどーるディナー03.jpg 27-35ら・みらどーるディナー04スープ.jpg 27-34ワイン.jpg
・筍と蕗のクレープ巻き
・オニオンスープ
・白ワイン(ハーフボトル)

27-36ら・みらどーるディナー05.jpg 27-37ら・みらどーるディナー06.jpg 27-38ら・みらどーるディナー07.jpg 27-39ら・みらどーるディナー08.jpg
・キンメダイのグリル(イカ墨パスタ、蕗?アスパラ?)
・ハーブ鶏のグリル(パプリカ、ピーマン、オニオン)

27-40ら・みらどーるディナー09デザート.jpg 27-41ら・みらどーるコーヒーカップ.jpg 27-42ら・みらどーるコーヒーカップU.jpg 27-43アンティークガラス.jpg
・いちごのパウンドケーキ
・コーヒー
コーヒーのカップがすごいよね〜(笑)
ミルク&砂糖入れもアンティーク。

<osamu photo>
27-55ら・みらどーるレストラン.jpg 27-56ら・みらどーるレストランタペストリー.jpg 27-57グラスにはまるくまっちょ.jpg 27-58ら・みらどーるコーヒーカップ.jpg

部屋にユニットバスもあるけど、男女別のお風呂もある。
この日はゲストが二組だったので、家族風呂システム。
そこそこ広くてちゃんとしたお風呂でノープロブレム。

<館内osamuスナップ>
27-59ら・みらどーるアンティークガラス.jpg 27-60ら・みらどーるアンティーク食器.jpg 27-61ら・みらどーるカウンターライト.jpg 27-62ら・みらどーるカウンター.jpg

27-64ら・みらどーるホール.jpg 27-65ら・みらどーるアンティークライト.jpg 27-66ら・みらどーるホールカウンター.jpg 27-67ら・みらどーるアンティークランプ.jpg

27-63ら・みらどーる廊下のライト.jpg 27-68読書するの図.jpg

ーーーーー
28-01ら・みらどーる朝食.jpg 28-02ら・みらどーる朝食02.jpg 28-03箸置き鴨とくまっちょ.jpg

ガーデンを散歩。
28-06ら・みらどーるガーデンビュー.jpg 28-08ら・みらどーるラベンダー.jpg 28-07ら・みらどーる日本地図のお皿.jpg 28-18ら・みらどーる宿泊棟.jpg
カーテンの開いてる部屋に泊まったんだ。

ら・みらどーるガーデンPS.jpg

<osamuスナップ>
28-40ら・みらどーるアンティークガラス.jpg 28-41ら・みらどーるアンティーク食器.jpg 28-42ら・みらどーる本館への階段.jpg

28-43ら・みらどーるジャスミン.jpg 28-44ら・みらどーるラベンダー2.jpg

結婚式をやったりもするらしく、小さいながらもホールがあるし、ガーデンもきれい。
本当にアンティークだらけだから、そういうのが好きな人にはオススメ!
ただ、アンティークと言うのは古いものな訳で、きれいに掃除とかをしていても古いものが持つ独特の空気ってものがある。
だからピカピカきれいなお部屋が良い人とか、古いホテルとかが苦手な人は要注意。

ホームページも雰囲気たっぷり!
スタッフ紹介を見ると、雰囲気が良くわかるよ!

アンティークホテル「ら・みらどーる」のHPはこちら。

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
posted by Can☆ at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大山千枚田

080427_1643~001.jpg080427_1643~002.jpg



以前、MASASHIが写真を見せてくれた千葉の棚田。
すごくきれいで、行ってみたいと思っていた。
今回、少し時間に余裕があったし、そんなに遠くなかったので行ってみることに。

看板に導かれて細い道をどんどん登っていくと、左手が開けて、そこが大山千枚田だった。
能登の千枚田に比べると小規模だが、きれいな棚田だ。

ちょうど田植え時期で、田んぼには水が張られている。
一部田植えが済んでいるところもある。
日が傾いてきて、蛙が鳴き初めて、段々合唱になってくる。
ちょっと暗めだが、夕方の光がいい雰囲気だ。

元々斜面に田んぼを作っているので、登ってくる道道にも棚田がたくさんある。
いかにも日本だなぁ〜って感じ。
どういうところがってうまく言葉には出来ないんだけど、ほんと「千葉の田んぼ」って感じなんだよね〜。

27-19大山千枚田.jpg 27-21大山千枚田02.jpg 27-20大山千枚田解説板.jpg

27-22ひばり?.jpg 27-23ひばり?2.jpg 27-24大山千枚田とくまっちょ.jpg

千枚田P1S.jpg 千枚田P2S.jpg 千枚田P3S.jpg 千枚田P4S.jpg
パノラマ撮りまくり(笑)
クリックすると大きく開きます。

この時は空いていたけど、混雑しているときは、農家の車優先!
畦が崩れるととっても困るので、立ち入り禁止っす。
くれぐれも農家の方の迷惑にならないように見せてもらいましょー♪

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
大山千枚田保存会のページはこちら。
ライブカメラあります。
 
大山千枚田のグーグルマップはこちら。

35°07'49.22"N 129°58'28.07"E
グーグルアースで見ると、この辺り一体に棚田がたくさんあって面白いよ!
 
posted by Can☆ at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薪窯焼きピザ inインディーズ

080427_1456~001.jpg080427_1536~001.jpg



事前に宿を探していて見つけたピザ屋さん。
元々は車で営業していたんだけど、
今年、晴れてお店をオープンさせたらしい。
ガス窯ではなく、薪窯ってのに興味津々。

千倉駅の近く。
郵便局の並び。
駐車場あり。
出来立てなのできれいだし、アメリカンな赤い建物なのですぐにわかった。

扉は大きくて、下にコロコロが付いてるずっしりタイプ。
(でも横の引き戸じゃないよ)
中に入ると、天井が高く、正面の壁にはバイク工具がディスプレイされている。
手前にはハーレーが2台。
オーナー夫妻のかな?
その手前の席に座る。

基本はピザだけど、ピタもある。
ランチセットなんかもやってるみたい。
自家製ベーコンと地トマトと季節の野菜のピザを注文。

オープンキッチンなので、焼いているところが見られる。
生地を優しく広げ、具材を乗せ、窯に入れる。
薪窯は高温なので、あっというまに膨らんでくる。
(見たときは740℃だった!)
窯の奥に薪があるので、奥がより高温のため、どんどん回転させていく。
更に、窯の内側の形状で天井に熱風が巡るらしく、ピザを持ち上げて表面を焼く。
これでできあがり!
この間5分足らず。
高温で一気に焼くので、サクサクもちもち!
自家製ベーコンがジューシー!
ベーコンは単品もあるので、飲むときにはナイスつまみになるね!
うまうま〜♪

27-10自家製ベーコンと地トマトと季節の野菜のピザ.jpg 27-11自家製ベーコンと地トマトと季節の野菜のピザU.jpg 27-12インディーズ解説.jpg

巻き寿司を食べたから、二人で一枚にしたんだけど、かなりさっぱりしてるので一人で一枚全然食べられたなぁ!
具材を盛り付けてるときには、チーズが少なめだなぁ〜なんて思ってたけど、焼き上がったらちょうど良かった。
チーズの味と、トマト、ベーコン、そして生地の風味がちゃんと味わえる。
チーズたっぷり=美味しいって思ってたけど、違うんだね。
適正な分量があるって事がわかった。

オーナーさんも気さくな感じで、店の雰囲気も良い。
(困った顔のフィリップ系。笑)
ピザもかなり美味しいし、また行きたい!

27-13インディーズ店内.jpg 27-17あ〜あ、食べちゃった。.jpg 27-15インディーズキッチン.jpg

27-14インディーズスナップ.jpg 27-16多肉とたわむるくまっちょ.jpg 27-18インディーズ外観.jpg
店内写真を撮っていたら、お姉さんが「撮りましょうか?」と声をかけてくれたので、撮ってもらいました(照)

あ、一枚づつ丁寧に焼くので、混雑してる時とか、たくさん頼む時には要注意ね!

27-51インディーズ薪窯.jpg 27-52インディーズピザ焼き見学中.jpg 27-53インディーズ表面焼き中.jpg
(osamu photo)

「Indy's」のHPはこちら。

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
posted by Can☆ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイウェイオアシス富楽里

080427_1353~001.jpg080427_1351~001.jpg



アクアラインを降りて、そのまま館山道へ。
高速と言うよりも、有料道路だね。
対面だし(笑)

たまっていた、うどラジ(ポットキャスト版)を聞きながら、爆笑しつつ淡々と走っているとハイウェイオアシスの文字が。
せっかくなんで寄ってみた。
地元の野菜や果物、鮮魚、特産物が揃う。
帰る日だったら買えるんだけどね〜(^◇^;)
横目でみつつ、通過。

ふとお惣菜コーナーに面白いものが!
地元の家庭で作った色々な巻き寿司。
千葉で有名な花寿司の簡単バージョンもある。
思わず買ってみた。

27-06玉子太巻き.jpg 27-07三つ葉巻き.jpg 27-08太巻き.jpg 27-09お花みたい.jpg

太巻きの外側に玉子焼きが巻かってるのは、めっちゃボリューミー!
玉子焼きの味が、ほんのり甘さがあって、家庭的で美味しい。
三つ葉巻きは、マジ美味い!
三つ葉の苦みばしった味が、春の香りで爽やか。
これは当たりだね♪
花寿司の簡単バージョンは可愛いし美味しい。
これなら、自分でも作れるかも???
いつかやってみたい。

フードスペースもなかなかで、美味しそうなものがあったし、盛況だった。
海ほたるのスタバでラテ飲んだばっかりだし、巻き寿司も買ったし、食べられなくて残念。
でも鯨の串焼きは食べた!
さすが千葉だね。
うん、うまうま♪

徹底的に地元にこだわってるところが良い。
ドライブの休憩におすすめ!

27-50ハイウェイオアシス富楽里.jpg 27-05ハイウェイオアシス富楽里.jpg
(左:osamu photo)

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
ハイウェイオアシス富楽里のHPはこちら。
 
posted by Can☆ at 13:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

海ほたる 帰りバージョン

070507_0035~001.jpg



帰りも東京湾横断道路へ。
連絡道路は使わずに、直前まで側道を走る。

海ほたるは、「混雑」と表示されていたケド、実際に着いてみたら、体した並ばずに入れた。
誘導員が居たので、すんなり駐車。

すでに日は沈み、空に僅かに赤みを残すのみ。
羽田に着陸待ちの飛行機が上空を旋回している。
沿岸の夜景がきれい。
ランドマークタワーのライトは一目で判るね!
単に縦に一直線の照明なんだけど、他にないデザイン。
さすが、バブル期の産物(笑)
まさに「ランドマーク」としての存在感だ。

73シールドカッター&夜景.jpg 74シールドカッターとみなとみらい遠景.jpg

ゲーセンにカピバラさんが居たのは、行きに確認済みだったケド、先日の失敗を忘れてはいけないと我慢した。
しかし、また見ていたぼくを見かねたのか、osamuがやろうと言ってきた。
「これは絶対に取れるよ」と。
バーで引き落とすタイプで、200円/1回、500円/2回。
まず、ぼくがチャレンジ→失敗…(T▲T)
次に、osamuが挑戦→成功!
1匹ゲット!
「もう1回やれば、テントウムシも取れるよ」との事で200円だけ追加→成功!!!
とるとるカピバラさん〜のんびり生活〜シリーズの、残り2種類をゲット!
わ〜い!ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ

今回ゲットしたのは、「温泉が好き」と「てんとう虫ひとり」。
「なんとかとまった」「おめかし」は、前にsankoがくれた!
ので、コンプリート成功!

色々と楽しい旅行だったじょい!(*^▽^*)

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
posted by Can☆ at 19:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパイスアイスクリーム

070430_1643~001.jpg



ベジタブルガーデンを満喫し、ハーブガーデンの駐車場へ戻ってきた。

実はハーブガーデンでのお買い物レシートで、「ハッピーくじ」と言う企画もあった。
それをやったら、3等のアイスクリーム券が2枚当たっていたのだ!
でも、直前にミルクアイスクリームを食べたばかりだったので、パス(笑)

天気がいいし、今だと食べられそうなので、久々の「1日2アイス」!Ψ(^▽^)Ψ
カモミール(osamu)、
スパイス(ぼく)。
スパイスは6種類のスパイスを使っているそうだ。
チャレンジャーだと思ってたけど、意外やかなり美味しい!
基本的にはシナモンが強めかな。
ありだよ、あり!
うまうま♪

それと、参加賞でハーブガーデンペア入場無料券を2枚もらった。
ぼくは会員だし、ホテル宿泊者は無料で入れるので、ぼくらには不要(笑)
ご希望の方には、差し上げますよ〜!(^O^)/
(場所が場所だけどね〜笑)

ハーブアイランド、満喫しまくりました!(*^▽^*)

ハーブが決め手?.jpg

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
posted by Can☆ at 16:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 房総の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする