2007年07月08日

「オーシャンズ・パビリオン」オープン!

070708_1842~001.jpg070708_2051~001.jpg



ダイビングSHOP「オーシャンズ・パビリオン」がついにオープンすることになった!
正式なオープンは2007.7.7.。
7並びの七夕で縁起がいいね!
前後の週末はオープン期間で、お招き頂いたので、行ってきた。

伊豆海洋公園で2本潜って、いよいよ「海の家」へ。
大室山のふもとにある、一見普通の家のよう。
知らなかったら通り過ぎちゃうくらい(笑)
以前は、喫茶店だったらしい。
1階のSHOP部分は、oyaさんが少しづつ改装中。
なかなか使い勝手が良さそうだから、完成が楽しみ!

お庭も小さいながら、いい雰囲気。
SHOPから出るところには、立派な藤棚。
そして芝生。
紫式部、蕗、茗荷、さつき、などなど、日本の庭って感じ。
どこから生えてるのかはわからないケド、木に蔓が絡まってキウイも実ってた!

大室山が近いからか、古い別荘地だからか、緑が濃い。
すぐそこで、鶯の谷渡りが聞こえる。
かっこうも鳴いている。
夕方にはカナカナまで鳴いてた!
いい風も吹いていて、気持ちがいい場所だ。

01オーシャンズ・パビリオン外観.jpg 12藤棚.jpg 13庭.jpg 14藤棚の奥は・・・.jpg

オーシャンズパビリオン庭PS.jpg

2階のリビングには、大きなメープルのテーブル。
そこにsawaさんが作ったご馳走が並ぶ。
どれも美味しかった!
・ヤムウンセン
・ラタトゥイユ
・豆腐サラダ
・オリーブ
・ガーリックトースト
・フルーツ(ぶどう、パイン、すいか)

02ご馳走!.jpg 61かんぱ〜い!あれ?.jpg

04ヤムウンセン.jpg 05ラタトゥイユ.jpg 03豆腐サラダ.jpg 06気になるくまっちょ.jpg

後から、oyaさんが作ってくれたネギチャーハンは絶品だった!
うまうま♪

最後にお祝いのケーキが登場!
地元のケーキ屋さんのベリーのケーキ。
オープンなので「0」のキャンドル。
ほんとおめでとう!

07ケーキを狙うくまっちょ.jpg 08ケーキ.jpg 090歳ケーキ!.jpg

naoは翌日仕事なので、終電で帰宅。
ログ付けして、この日は就寝。
ーーーーー
朝一でsayuriさんが帰宅。
(ハードスケジュールらしい)

残った4人でブランチ。
・空心菜の炒めもの
・地元の焼きたてパン
・ジャム各種
・マンゴージュース
・コーヒー

食後は、oyaさん&sawaさんは洗濯しまくる(笑)
osamuはまだ本調子ではないので、休息。
お陰でなんとか帰れるようになった。

10朝のくまっちょとカピバラさんたち.jpg 11チョコレートブラウニーを狙うくまっちょ.jpg

ほんとに気持ちの良い、山にある「海の家」だ。
oyaさんはあたりの柔らかな人だし(一部ダジャレ親父になるときも…苦笑)、
少人数で、のんびりじっくりダイビングしようと言うコンセプトのSHOPなので、
ぼくみたいなブランクダイバーや、大きいところでツライ思いをした人、興味はあるんだけど不安で迷っている人には良いSHOPだと思う。

あ、ぼくの手作り石けん&手作り化粧品を置いてくれているのは嬉しい♪
持って行かなくていいなんて、他では有り得ないもん!(笑)

帰りにはお土産までもらっちゃった!
sawaさん手作りの、キンギョハナダイのキーチェーン!
デテールがちゃんとしていていいね!

25オーシャンズ・パビリオン・キーチェーン.jpg 26キンギョハナダイ.jpg 27お引き菓子.jpg

「オーシャンズ・パビリオン」のHPはこちら。

「オーシャンズパビリオン」のグーグルマップはこちら。

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILLCOM
 
posted by Can☆ at 23:26| Comment(4) | TrackBack(0) | ダイビング・ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ログ in伊豆海洋公園

今回は、「オーシャンズ・パビリオン」オープン記念のダイビング!
もちろん、お誘いいただいたんだけど、たぶん声をかけてもらったなかで、一番ダメなダイバーだったと思う。
すみません・・・。
(写真提供・sawaさん!)

<2007.07.08>
潜水地:IOP
使用器材:スチールタンク10L、5mmワンピースウエット、ウェイト5kg
気温:25℃
水温:21.9℃
透明度:6〜10m前後(浅瀬はにごりあり)

No.14
エントリー:11:06
エキジット:11:43
潜水時間:37min
タンク圧力:210→40
深度:max23.9m、avg911.7m
ポイント:1の瀬周辺
観察内容:
・ハナタツ(角がゴージャス!)
31ハナタツ.jpg

・ベニカエルアンコウ(ぷりちー♪イザリウオ大好き!)
・ミノカサゴ(yg)めっちゃきれい!
・クロホシイシモチ&ネンブツダイ(つがい・つがい・つがい)
・キンギョハナダイ
30キンギョハナダイペア.jpg

・タキゲンロクダイ
32タキゲンロクダイ.jpg

・イサキ(群れ)
・コイボウミウシ(でっかい系)
・コケウツボ
33コケウツボ.jpg

・ツマグロハタンポ(群れ)
などなど。
ーーーーーーーーーー
No.15
エントリー:14:32
エキジット:15:13
潜水時間:41min
タンク圧力:210→15
深度:max22.1m、avg12.9m
ポイント:1.5番手前辺り

34出発!.jpg 35ダイバーだらけ!.jpg 36みんな気をつけてね.jpg 37レッツゴー!.jpg

38潜行.jpg 39oya隊長スナップ.jpg 40ピース!.jpg 41キラキラ.jpg

観察内容:
・タツノオトシゴ(雄・抱卵中?)
51タツノオトシゴ.jpg 52タツノオトシゴお腹大きい?.jpg

・ササノハベラ(昼寝中)
42ササノハベラの昼寝.jpg

・サメジマオトメウミウシ(ブルーと白の筋筋・交接中も!)
44サメジマオトメウミウシ.jpg 47サメジマオトメウミウシペア.jpg

・アオリイカの流され卵
45アオリイカの卵ちゃん.jpg

・アケウス(間接が蜘蛛っぽい蟹)
46アケウス.jpg

・イソハゼ
・シマウミシダ(泳いでた〜!)
48シマウミシダ泳ぐ.jpg 49シマウミシダ乗る.jpg 50シマウミシダとまる.jpg

・イラ(osamu曰く、3大目が死んでる魚・笑)
・カンムリベラ(成魚)
・アオウミウシ
・ジボガウミウシ(ズボラではない!)
53アオウミウシ.jpg 55ジボガウミウシ.jpg 54コイボウミウシ.jpg

・シラコダイ
・タカノハダイorミギマキ
・トゲアシガニ
・オルトマンワラエビ
などなど。

43群れ群れ.jpg 57海面キラキラ.jpg 58みんなお帰り.jpg 59ダウン.jpg 60すっきり〜.jpg

ーーーーーーーーーー
ついにやってきました、IOP!
東伊豆でダイビングやってて、IOPに潜ったことがないなんて・・・ってくらいのダイビングスポット。
すごいところだね〜。
ウェットのまま入れる屋外お風呂、
たくさんの休憩用のテーブル&ベンチ、
エントリー準備場には、階段状のウッドデッキ、
すぐそばにタンク置き場があって、担当者が常駐、
なにもかも、至れり尽くせりだね。
八幡野に行ったときにも、真水の洗い場とシャワー室が完備されていて驚いたのに、ここはもっと凄い。
それまで潜ったところでは、何もないのが当たり前だったから、それが当然って思ってた。
伊豆の設備はすごいね〜。

今回もまた、おぶおぶしてしまった・・・。
1本目のエントリーで、バクバクして、呼吸が速くなり、潜れなくなる。
またもや、ご迷惑をおかけしました・・・(謝)
なんでなんだろうなぁ?
海を怖いと思ったことはないし、緊張してるとも思えない。
最近の説では、締め過ぎという可能性も。
山登りの習慣があるから、ザックの要領で、ついついBCを締め過ぎるのかも・・・?
2本目は、何事もなくすんなりエントリー(苦笑)
ますますわからん。

今回のヒットは、ミノカサゴ(yg)、ウミウシ、つがい!
ミノカサゴの幼魚は本当にきれい!
体全体が白く、その中に、薄紫の模様、透明なひれには黒の星。
あごひげをしょわしょわしながら、少しづつ移動していった。

ウミウシは3種類。
コイボウミウシはでっかい系の白青ウミウシ。
1本目で見たんだけど、2本目のときも、同じ場所に居た(笑)
サメジマオトメウミウシはたくさん居た!
白青のストライプがきれい。
交接中のペアも居た。
典型的なウミウシ、これぞウミウシのアオウミウシも発見!
よくいる種類とはいえ、自分で発見すると楽しいね〜♪

とにかく、つがいが多かった!
クロホシイシモチ、ネンブツダイは、群れてると思いきや、そこらじゅうで2匹づつ泳いでる。
みんなペアなんだね!
縄張りがあるのか、顔の目の前に居たりするから良く見えて楽しい。

当初心配されていた天気も、劇的に回復し、まさに夏!
(誰の晴れパワーだ?)
1本目と2本目の間の休憩中に結構焼けた。
顔には念のためパックスナチュロンのUVクリームを塗っていたのが効いてたみたい(良かった!)

途中、naoがリゾートスタイルで合流。
ぼくらがエントリーするのを、ダイビングショップのかあさんのように見送ってくれた(笑)
ぼくらを見送ってくれた後、草地でお昼寝を満喫していたようだ。
(それも気持ち良さそう!)
その後、sayuriさんの到着を待って、2本目。

1本目はおぶおぶしてしまったし、エアの消費が多くて、一緒に潜る人にはいつも迷惑をかけてしまってすみません・・・。
でも楽しかった!
ーーーーーーーーーー
2本目から上がった後、osamuの具合が悪くなってしまった。
気持ち悪くて、動けなくなった。
みんなが片付けている間、休んでいて、なんとか動けるようになったので「海の家」へ戻る。
その後、シャワーを浴びて、横になったが、ご飯は食べられなかったようだ。
夜中になんとか復活。
ログ付けも出来て、少し食欲が回復。
最初は翌日も潜る気満々だったらしいが、中止。

どうやら、疲れが溜まっていたのが主な要因のようだ。
肩こりも酷く、首に来てしまったらしい。
やっぱ、ダイビングは体調を整えておかないといかんね!
残念だったけど、また行けばいいんだから、元気だしてちょ!
 
ラベル:ダイビング
posted by Can☆ at 16:29| Comment(6) | TrackBack(0) | ダイビング・ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

ログ in八幡野ビーチ2

今回も「GO TO THE SEA」さんにお世話になりました!
海にうねりがあるそうで、今回も八幡野ビーチになった。
別に嫌いとかじゃないんだけど、海洋公園には行ってみたいなぁ。
写真は全て、SAWAさん提供!サンクス!

<2006.10.23>
潜水地:八幡野ビーチ
使用器材:スチールタンク10L、5mm2ピースウエット、ウェイト5kg
気温:18℃
水温:22℃(水面・水底とも)
透明度:15m前後(浅瀬はにごりあり)

No.12
エントリー:10:57
エキジット:11:48
潜水時間:51min
タンク圧力:190→20
深度:max16m、avg9.5m
観察内容:
・ザ・ムロアジ
・マアジ
・クロホシイシモチ
・ミツボシクロスズメダイ(かわいいね〜)
・アオサハギ(ふわふわぷりちー!何匹もいた)
・イソカサゴ(コクチ?)
03アオサハギ.jpg 04コクチイソカサゴ.jpg

・アヤアナハゼ
・アライソコケギンポ(コケギンポ大好き!)
・ヨソギ
05アライソコケギンポ.jpg 07アライソコケギンポ2.jpg 06ヨソギ.jpg

・ヤマドリ
・カミナリベラ(♀)
・ホンドオニヤドカリ
・キンチャクダイ
08ホンドオニヤドカリ.jpg 21キンチャクダイ.jpg

・ネンブツダイ
・オハグロベラ(♂)
・シマウミスズメ
・ニジギンポ
・ヒメハナイソギンチャク
・オジサン
・イソギンチャクエビ?(イソギンチャクの中にいた。赤くなくて透けてて一部丸く白く青い縁取り。小さくはない。)
・トゲアシガニ(平たくて爪の先が黄色いカニ)

ーーーーーーーーーー
No.13
エントリー:12:52
エキジット:13:47
潜水時間:55min
タンク圧力:180→30
深度:max13.5m、avg8.5m
観察内容:
・カミソリウオ(♀卵抱えてた。そして生まれた!)
・ムロアジ
・アオリイカ
10カミソリウオ.jpg 09ヤリイカ.jpg

・アオヤガラ
・キイロイボウミウシ(でかい!きれい!)
・ミゾレチョウチョウウオ
・フウライチョウチョウウオ
・カサゴ
・キタマクラ
・シマウミスズメ
・クロヘリアメフラシ(小さいアメフラシ!)
11キイロイボウミウシ.jpg 12カサゴ.jpg 13クロヘリアメフラシ.jpg

・ボウズコウイカ(捕食してた!)
14イカ2匹.jpg 15ボウズコウイカ.jpg 16ボウズコウイカ2.jpg

・ミツボシクロスズメダイ
・クロホシイシモチ
・ツマグロハタンポ
・イセエビ(幼体)
17ミツボシクロスズメダイyg.jpg 18クロホシイシモチ&ツマグロハタンポ.jpg 19イセエビyg.jpg

・アカカマス
・ニザダイ
・ハクセンミノウミウシ
・ムカデミノウミウシ(流れのあるところにへばりついていた。ふさふさがぺちゃんっってなってた・笑)
・クサヤモロ
・トラウツボ
・コイノボリ(唯一の淡水魚・爆)
23コイノボリ.jpg 23コイノボリ2.jpg

ーーーーーーーーーー
今回もエントリー時にあぶあぶしてしまう・・・。
何故なんだろう・・・???
潜っちゃうとなんでもないのに・・・。
2本目は、いきなり潜ったら何ということもなかった。
何故大丈夫だったのかも判らない・・・。
対応のしようがない。

今回のヒットは、アオサハギとカミソリウオとウミウシ!
アオサハギは黄色くて、丸っこくて、薄くて、丸まってて、ふわふわ浮かんでて可愛い!(意味不明?)
めちゃめちゃ目の前で(たぶん5cm)くらいで見つめてるのに、波に流されてるごみのフリをし続けてるのが、ほほえましい(笑)
その後何匹か見た。
やっぱりふわふわ流されてた。
03アオサハギ.jpg

カミソリウオのメスは腹ひれに卵を抱えていた。
こちらも目の前で見てるんだけど、やっぱり漂っているゴミのフリ(笑)
お腹の卵をちょっと見せてもらったら、ちびっこが生まれてしまった!
めちゃ小さくて可愛かった!
10カミソリウオ.jpg

でかいウミウシと小さめのウミウシを見た!
でかい方は、キイロイボウミウシ。
まん丸で、黄色地に、いぼいぼ。
時々白縁の青いいぼがある。
11キイロイボウミウシ.jpg

ハクセンミノウミウシは、ミニミニちゃん。
白くて、少しだけミノのふさふさがある。
ここまで小さいと、肉眼で見るのは限界があるなぁ。
近づきすぎると、マスクのレンズのゆがみで見えない、みたいな・・・。
でも可愛かった!

今回は漁師さんがみんな港に戻っていて、もう出港しないということで、テトラの周りにも行けた。
19テトラの海.jpg 20テトラの海2.jpg

いや〜、海の中は楽しいね!
24ビーチ.jpg 01万歳!.jpg

メンバーは、SAYURIさん、SAWAさん、Mさん、Kさんファミリー。
Mさんはショップの常連さんらしく、ダイコンを購入してました。
ダイコンデビュー!
Kさんママは産休明け初のダイビングとか。
1歳7ヶ月のSYOくんは、言葉を話始めてて面白かった!(ちょうちんがツボらしい・笑)
Kさんパパが、SYOくんを見ていてくれて、潜っていました。
「ここ2年で、初めてSYOくんのこと考えなかった!」と言ってました(笑)
お母さんって大変だね!

天気はいまいちだったけど、楽しかった!
 
ラベル:ログ
posted by Can☆ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング・ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

ログin八幡野ビーチ

image/can-park-bd-2006-06-08T03:09:11-1.jpgimage/can-park-bd-2006-06-08T03:09:13-2.jpgimage/can-park-bd-2006-06-08T03:09:13-3.jpg


〈2006.06.05〉
潜水地:八幡野ビーチ
使用器材:スチールタンク10L、5mm2ピースウエット、ウェイト5kg
気温:23℃
水温:18℃(水面・水底とも)
透明度:7〜8m

No.10
エントリー:11:04
エキジット:11:47
潜水時間:43min
タンク圧力:190→25
深度:max13m、avg8.5m
観察内容:
・ボウズコウイカ(求愛行動三角関係)
・クロホシイシモチ(y群れ)
・ムカデミノウミウシ(嬉しい!)
・イソカサゴ
・アメフラシ(つがい産卵中)
・ジャンボアメフラシ(ギガンテア?カリフォルニア?)
・ウミスズメ
・セレベスゴチ
・コブヌメリ(ゴチ)
・チャマダラホウキボシ(ヒトデ)
・アヤアナハゼ
・メバル
・アオヒゲモラホンヤドカリ(右きき)
・日本ウミシダ(蛍光イエローがきれい!)
・オウギウミヒドラ(ヒドラ類がたくさんいて可愛い!)
・ガヤ類

ーーーーー
No.11
エントリー:13:15
エキジット:13:58
潜水時間:43min
タンク圧力:200→50
深度:max14.5m、avg9.5m
観察内容:
・ソラスズメ
・ムカデミノウミウシ(ペア?)
・ハナタツ
・アライソコケギンポ(ふさふさ)
・アヤアナハゼ(白系)
・アナハゼ
・ヤマドリ
・スジコウイカ(砂地に伏せ)
・ウバウオ
・シマウミスズメ
・ショウジンガニ
・ベニホンヤドカリ(右きき)
・イシダタミヤドカリ(左きき)
・クモヒトデ
ーーーーー
コウイカの求愛行動が可愛いかった!
体色をウェイブ状に変えながら、浮かんでた。
ウミウシ好きなので、見られて嬉しい!
ヤドカリに利き手があるのは初めて知った!
片方だけ鋏が大きいんだ。
ホンヤドカリが右ききで、ヤドカリが左きき。
(もちろん例外はあるけど)
透明度は最悪だったけど、海草が豊かでびっくり!
いいね、海草。
しかし、海草にハマるのは危険!
深くて険しい獣道だよね(笑)
ウェイト5kgはちょっと重かったかも?
常に沈んでたから…(苦笑)

八幡野ビーチは、漁港と隣接。
更衣室&温水シャワー完備。
右手の堤防脇に舗装道があり、歩く距離も短いので、エントリーは易しい。
温水湯船、真水コンテナ、カメラ専用コンテナもあり、便利。
柱状節理の岩が東伊豆らしい。

昼食後、SAYURIさんとSAWAさんの写真を見る。
水中で肉眼で見るよりも、細かい部分がはっきりわかって、凄い良かった!
もっと上手になれたら、いつか…(笑)

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILCOM

posted by Can☆ at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイビング・ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイブSHOP「GO TO THE SEA」

image/can-park-bd-2006-06-06T04:40:09-1.jpgimage/can-park-bd-2006-06-06T04:40:10-2.jpgimage/can-park-bd-2006-06-06T04:40:11-3.jpgimage/can-park-bd-2006-06-06T04:40:11-4.jpg


久しぶりのダイビング。
スタジオソラ・ダイビング部発足!?にゲスト参加させてもらった(笑)
ゲスト参加と言っても、上手い方じゃなくて、下手な方のゲスト…。
超ブランクダイバーなので、お手数をかけてばかり…(涙)

今回お世話になったのは、城ヶ崎海岸の「GO TO THE SEA」。
ショップは駅からすぐの好立地。

オーナーの横田夫妻は優しくて、丁寧で、細かく気配りしてくれて、とても良かった!
1本目のエントリーの時に、呼吸が口に切り替えられず?、呼吸が早く浅くなって、アワアワしたときも、
横田さんは優しく対応してくれて、潜ることができた。
そういう状態を良くわかってくれてる感じが嬉しくて、安心出来た。
夕起子さんは、少し後ろの高いところから、見ていてくれて、
「ちゃんと見てるから大丈夫よ!」と声をかけてくれて、心強かった!
明るくて元気なゆきこさんからはパワーをもらえる(笑)
ブランクダイバーとしては、優しいショップで良かったです。
リゾート21で行けるのも、プチ旅気分で楽しかった!(写真3)

お昼ご飯は、ラーメン屋さんへ。
とんこつベースの葱チャーシューラーメンを食べた。
サッパリとんこつに、とろりチャーシュー、多分地元産の海苔が美味しかった!
ボリューム満点でお腹いっぱい(写真4)

〈メンバー〉
ソラ総務部のSAYURIさんは400本オーバーのベテラン!
ソラスクールのSAWAさんは既に70本オーバー!
それにosamu、Can☆。
皆さん、下手くそダイバーのぼくに付き合ってくれてありがとうでした!
いつか機会があったら、またよろしくお願いしますm(_ _)m

  Can☆
AIR-EDGE-PHONE
  WILCOM

posted by Can☆ at 14:40| Comment(4) | TrackBack(0) | ダイビング・ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする