2011年05月31日

チョコレートバナナパイ

110531_1248~001.jpg



〈20110531〉
久々にチョコレートバナナパイを焼いた〜♪
バナナが腐る寸前だったからーA(^_^;)

Can☆
posted by Can☆ at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | クッキング(おやつ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

ブリュレ ド サンク

110529_0030~001.jpg



〈20110528〉
なんか甘いものが食べたくて、そごうの出店にあったバウムクーヘンを買ってもらった。
ボンサンクの至高のバウムキャラメリゼ「バウム ド サンク」。
その名の通り、バウムクーヘンの回りをキャラメリゼしたもの。
見た目、すっごい美味しそうでしょ!

ブリュレドサンク01.JPG ブリュレドサンク02.JPG ブリュレドサンク03.JPG

早速デザートに食べてみた。
カットすると中までは滲みてないのね。
うん、美味しいよ。
ふわふわ系で、香ばしくてちょい苦みもあって大人味だね。
でも個人的好みを言えば、普通のバウムクーヘンの方が好きかな。
バウムクーヘンはしっかり系が好きなので(笑)
これは一般的にはありだと思うし、手土産にしたら喜ばれると思う。

Can☆
posted by Can☆ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつ(あまいもの) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

酒粕甘酒

110528_2146~001.jpg110529_0948~001.jpg



〈20110528〉
酒粕の甘酒を作った!
巷で甘酒って言うと麹の甘酒だけど、ぼくの実家は子供の頃から酒粕だった。
地元酒屋M本屋の前を通ると「酒粕あります」の貼り紙があってずーっと気になってたんだよね。
んでついに買ってみた。
今回は新潟は妙高の君の井酒造の酒粕。
500g420円とほどよい価格なので(笑)

酒粕01君の井.JPG 酒粕02君の井.JPG

いつものレシピはこちら。
酒粕200gを湯200mlに溶かす。 ←これポイント。
溶けたら水(湯)400mlを加えてのばし、砂糖100gを加える。 ←甘味はお好みで。
好きなだけに詰めて出来上がり!

甘酒01.JPG 甘酒02.JPG

甘酒には松田剣さんのカップがよく似合う。
温かみがあるんだよね。
うーんしみじみうまい♪

Can☆
ラベル:甘酒 酒粕
posted by Can☆ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | クッキング(ドリンク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅シロップ&梅蜂蜜2011

110528_2013~001.jpg110528_0132~001.jpg



〈20110528〉
最後に梅蜂蜜を仕込んだのは2007年だった!
梅シロップに至っては2006年だった!
なんてこったい!

ってことで今年は久しぶりに両方仕込んじゃうよ〜ん♪
いつものレシピ。

「梅はちみつ」
青梅500g
はちみつ500g以上(適当・笑)

「梅シロップ」
青梅500g
黒糖(沖縄・本部「西原製糖」のやえさくら黒糖)500gくらい。

黒糖は現地西原製糖さんで直接購入したもの。
お土産屋さんよりちとお安いのよ〜♪
作り手の顔が見えるのも楽しいしね。
固まりで購入したので、ぶったたいてざらざらで仕込んでみた(笑)
まあ、なんとかなるっしょ。

そうそう、梅を洗って干すのに写真2が役に立った。
牛乳パックリサイクル手漉き紙を乾かすために買ったんだけど、結構使える。
野菜干すのにも便利だしね。

梅シロップ&梅蜂蜜.JPG

Can☆
ラベル:
posted by Can☆ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 果実酒・手前味噌・パン作り。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塩麹2011初夏

110528_2108~001.jpg



〈20110528〉
前々から気になっていた塩麹。
ついに作ることになったぜ!
というのも、麹がなかなか手に入らなかったのだ。
近所のスーパーにはどこにもなかった。
んで、富沢商店で買ってきたよ(笑)
関西では普通に売ってるらしいけど、関東ではあんまり見かけないさねー。

今回の麹ちゃんは乾燥麹。
徳島はヤマク食品の乾燥麹。
ほぐすと菌糸がほあほあ〜♪
カワユス!!!

乾燥米麹01.jpg 乾燥米麹02.jpg 乾燥米麹03.jpg

塩は以前ラリーで伊豆に行った時に製造元でGETした戸田塩。
まさに釜で炊いてたんだ。
こだわりの塩らしい。
塩麹はいってみれば生で食べるみたいなもんだから、塩の味も重要だよね。

戸田塩01.jpg 戸田塩02.jpg 戸田塩03.jpg

戸田塩04チラシ.jpg 戸田塩05パンフレット.jpg

ほぐした麹に塩を混ぜる。
これって味噌を作るときの塩切り麹と同じだね。
そして水を加える。
よーく馴染ませて容器に移す。
発酵するときにガスが出るので大きめの容器で、密閉しすぎないように。
常温に置き、1日1回混ぜる。
これだけ(笑)

塩切り麹.jpg 塩麹01.jpg

塩麹03.jpg 塩麹02.jpg

1週間〜2週間で完成。
(季節や気温によって変わる)
食べてみて、麹粒に心がなくなればOKだそう。
完成したら冷蔵庫保管。
楽しみだなぁ〜♪

<追記>
翌日見てみたらこんなになってた。
水分吸って膨らんだね。
とりあえず水は足さずに混ぜてみた。
楽しみ〜♪

110529_1924~001.jpg
 
 Can☆
−WILLCOM−
 
ラベル:塩麹
posted by Can☆ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 果実酒・手前味噌・パン作り。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅酒2011(泡盛・高嶺)

110528_1911~001.jpg



〈20110528〉
今年も梅の季節がやってきた!
目をつけていた梅農家さんは、申込みが遅れて梅をGETできず・・・。
(予約に間に合わず、収量が少なくて収穫後の販売もなかった。)
戦意喪失したosamuは梅干し作りを断念(笑)
そこで梅酒の分だけそこいら辺で買うことにした。
ちょうどおうちコープで小田原産の白加賀が出ていたので買ってみた。
まあ、悪くないじゃん。

梅酒01小田原白加賀.JPG 梅酒02小田原白加賀.JPG

今年の泡盛は石垣島高嶺酒造所の「高嶺」。
ここの泡盛はんまいんだよね〜♪
近所の酒屋で一升瓶を扱ってるってのがナイス!
持って帰るの大変だからね(笑)

梅酒03泡盛高嶺.JPG 梅酒04泡盛高嶺ラベル.JPG 梅酒06泡盛高嶺肩ラベル.JPG

梅酒05泡盛高嶺キャップ.JPG 梅酒07泡盛高嶺裏ラベル.JPG

例年通りのレシピ。
泡盛「高嶺」1.8L。
青梅(小田原産白加賀)1kg。
氷砂糖800g。

美味しくな〜れ〜♪

梅酒08瓶詰2011.JPG

ちなみに、引き上げたのは2008年仕込んだ於茂登梅酒。
2年も仕込んでなかったのかっ!(驚)
へー。
すげーんまいよ♪(笑)

梅酒09泡盛於茂登2008.JPG

Can☆
ラベル:梅酒
posted by Can☆ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 果実酒・手前味噌・パン作り。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

透明リキッドソープ

110528_1418~001.jpg



NaOHで作れる透明リキッドソープがあると知って、作ってみた。
参考にさせていただいたのは、ヒカル☆彡さんのブログ「ひとりごと」のこちらの記事。
苛性ソーダのリキッド

こちらの記事によると、家にある素材で作れそうだ。
あまりにも手順が簡単なので、紅花油と椿油の2種類にチャレンジ。
まずは紅花油バージョン。
手順通りに材料を加え、圧抜きしながらふりふり。
固まったので、保温。

リキッド石けん01.jpg リキッド石けん02.jpg

同じように椿油バージョン。

リキッド石けん03.jpg リキッド石けん04.jpg

すげーシンプル!
このときは不透明だけど、保温後は半透明なゼリー状になった。
しかし、予想以上に堅い。
よくさ、色んな小菓子の詰め合わせに入ってる、回りに砂糖粒のついたゼリーみたいになっちゃった。
逆さにしても全く落ちてこないので、ペットボトルを切ってすくった。
ドキドキしながら溶かしてみたら、透明になったよー!
ほほほー♪
外の景色が見えまする〜(笑)
EOを加えたら少し濁ったけど、まあよしとしよう!

リキッド石けん06.jpg リキッド石けん05.jpg

無印のボトル。
実家で発掘されたインスタントレタリング(!)を貼ってみた(笑)

*詳細な手順や分量は上記元サイトにてご覧ください。
 手順は単純ですが、苛性ソーダや無水アルコールを使用しますし、
 正しく圧抜きをしないと内容物が噴出したり、
 ペットボトルに亀裂があった場合破裂する可能性もないとは言えません。
 チャレンジしようと思った方は、ご自身の責任の下、充分に検討し行ってください。

<覚書>
紅花油 春の雨上がりの香り。
椿油 うりずんの風の香り。
 
 Can☆
−WILLCOM−
 
ラベル:手作り石けん
posted by Can☆ at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

南の島のココナッツマルセイユ

南の島CCM610型出し.jpg



毎回好評のこの石けん。
今回はローズヒップを浸け込んだバージョン。
いい感じにピンク色を出せるようになったのが嬉しい(笑)
ココナッツクリームっていいよね〜♪
香りも好き。
解禁日 2011.05.26.

南の島CCM601温度合わせ.jpg 南の島CCM602混合.jpg 南の島CCM603ココナッツクリーム.jpg

南の島CCM604トレース.jpg 南の島CCM605EO.jpg 南の島CCM606型入れ.jpg

南の島CCM607保温.jpg 南の島CCM608型出し.jpg 南の島CCM609型出し.jpg
 
ラベル:手作り石けん
posted by Can☆ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

さくら松

さくら松39カット.jpg



毎年仕込んでいる松葉の石けん。
今年は講座で頂いてきた、ウル抽で使ったサクラリーフの残りカスを使うことに。
残りカスっていっても、まだ全然香りがあるんだ。
しかもコスメグレードの高級マカダミアナッツ油!
これは使わなくてはもったいないっ!
松に桜だなんて、なんて日本ちっく〜♪(笑)
折角のサクラリーフなので、香りを生かすため今回は着香なし。
クマリンがほんのり香るのよ〜!(ウキッ!)

さくら松31温度合わせ.jpg さくら松32混合.jpg さくら松33トレース.jpg

さくら松34サクラリーフ粉.jpg さくら松35型入れ.jpg さくら松36保温.jpg

さくら松37型出し.jpg さくら松38カット.jpg

<使用素材>
オリーブオイル(松葉浸)、ココナッツ油、パーム油、シアバター、(マカダミアナッツ油)
サクラリーフ粉(ウル抽使用後)
鹸化率90%、水分28%、着香なし。
解禁日 2011.05.23.
 
ラベル:手作り石けん
posted by Can☆ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

ペトボト塩析




その昔・・・ってほど前でもないけど、塩析をやったが失敗したことがあった。
全然固まらなかったのだ。
何度も繰り返したがうまくいかず、最後には放置。
水分を切った状態でほっておいたら、ねちゃねちゃした物質になったので、
手をべったべたにしながら何とか丸めて乾燥。
最終的にはかっちかちの塊になった。
(びよーんと伸びた角まで固まっているくらいねばねばだった)

忘れた頃に削って溶かしてみたら、洗浄力は抜群!
油汚れをバリバリ落とす。
これは使える!
っけど、やっぱりどこかすっきりしない。

それでたどり着いたのが、「uki☆ukiせっけんライフ」さんのこの記事。
廃油石けんの作り方
廃油石けんの作り方だけど、後半にペットボトルを使った塩析の仕方が載っている。
これなら簡単だー。

角角団子石けんをしりしりー器で削り落とす。
(かっちかちなのに、粘りがあるので、これ以上はしんどい)
熱湯で溶かす。

ペトボト塩析01.jpg ペトボト塩析02.jpg ペトボト塩析03.jpg

溶けた石けん液をペットボトルに移し、食塩水を投入。
圧抜きをしながら激振!
逆さまに静置すると分離するので、下層の水分を捨てる。
結構汚れてるじょーっ!

ペトボト塩析04.jpg ペトボト塩析05.jpg

再び塩水を投入して激振!
静置→分離→下層水分を捨てる。
おお、今度はきれいになった!
型に入れる。

ペトボト塩析06.jpg ペトボト塩析07.jpg ペトボト塩析08.jpg

このやり方だと完全に水分を切るのは難しいので、最初はかなり含水してるが、
浮いてきた水分を何度か捨てて乾燥させたら、ちゃんと固まった。

今はこれを溶かして、ボトルに詰めて、頑固な汚れ専用に使ってる。
汚れ落ちはすんばらすぅいー♪
角角団子石けんがあるうちは、この方法でいくわー(笑)

*詳細な手順や分量等は、上記元サイトにてご覧ください。
 
ラベル:手作り石けん
posted by Can☆ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

アロエのマルセイユ

アロエM39カット.jpg



お気に入りの石けんのひとつ。
生アロエのマルセイユ〜♪
前回作った分がなくなったので、またまた作った。
皮ごと粗く粉砕したアロエを水分全量仕込み。
(粉砕するときに多少精製水入れてます。)
粒粒入りの石けんってあんまり人気ないけど、ぼくは好きなんだ。
途中はほのかにアロエピンクになってるねー。
青臭い香りもお好み♪
(ラベンダー、パインニードル、バジル、バルサムペルー)
解禁日 2011.05.19.

アロエM31温度合わせ.jpg アロエM32混合.jpg アロエM33トレース.jpg

アロエM34EO.jpg アロエM35型入れ.jpg アロエM36保温.jpg

アロエM37型出し.jpg アロエM38カット.jpg
 
ラベル:手作り石けん
posted by Can☆ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

メイちゃんの母乳石けん



メイちゃんママから依頼の母乳石けん。
母乳石けんはいつも楽しいなぁ♪

今はこんな便利なものがあるんだねー(感心)
預かった母乳を計量したところ、3.4本分くらいだったので、3本仕込むことにする。

メイちゃん母乳石けん01.jpg メイちゃん母乳石けん02.jpg

<1回目>

メイちゃん母乳石けん03温度合わせ.jpg メイちゃん母乳石けん04混合.jpg メイちゃん母乳石けん05トレース.jpg

メイちゃん母乳石けん05型入れ.jpg メイちゃん母乳石けん06保温.jpg メイちゃん母乳石けん07型出し.jpg

<2回目>

メイちゃん母乳石けん08温度合わせ.jpg メイちゃん母乳石けん09混合.jpg メイちゃん母乳石けん10トレース.jpg

メイちゃん母乳石けん11型入れ.jpg メイちゃん母乳石けん12保温.jpg メイちゃん母乳石けん13型出し.jpg

メイちゃん母乳石けん14完成.jpg

3本完成ー!
メイちゃん、元気に育ってね♪

<使用素材>
オリーブオイル、ココナッツ油、パーム油
水酸化ナトリウム、精製水、メイちゃんの母乳。
解禁日 2011.05.18.
 
ラベル:手作り石けん
posted by Can☆ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

冬のサンシャインバー(よりより)




よりより依頼分。
もはやより家の定番だね(笑)
牛乳パックブロック希望(覚書)。
型出し写真を撮り忘れたみたいっ!
ごめ〜ん・・・。
解禁日 2011.05.01.

冬SS241温度合わせ.jpg 冬SS242混合.jpg 冬SS243トレース.jpg

冬SS244EO.jpg 冬SS245型入れ.jpg 冬SS246保温.jpg
 
ラベル:手作り石けん
posted by Can☆ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「HoSoNoVa」コンサートin日比谷公会堂

110501_1705~001.jpg110501_1700~001.jpg



〈20110501〉
縁あってチケットを譲ってもらい、細野晴臣氏のコンサートにやってきた!(*^▽^*)
38年ぶりの全曲ボーカルソロアルバム「HoSoNoVa」発売記念の一夜限りのコンサート。
うひーっ!
うれひーっ!(≧∀≦)

TinPanAlleyのメンバー(佐藤博、鈴木茂、林立夫)が10年振りに集結。
矢野顕子がスペシャルゲスト!
堪らんわぁ〜(じゅる〜)

日比谷公会堂って中に入るの初めてだけど、マジ古いんだねー。
こういうのってなんていうんだろ、大正ロマン?
柱とか床とか扉とか階段とか手すりとか、とにかく味がある。
でもいつか建て替えられちゃいそうな古さ。

ロービ?ではTシャツ販売をしていたのだけど、すごい行列で、しかもすでにサイズ欠品だったので諦める。
人が居る場所がないので、そこら中が人で溢れる。
座席ももちろん古く狭い。
体格のいい人は辛いだろうなぁ。
(ぼくもコロコロだがそこまでではない)
でも、座席のスライドがきつくて、2Fからでもステージが良く見える。
これはいいねぇ〜!
そして小さい箱だけにステージが近い!
豆粒じゃないぞー!
ちゃんと見えるぞー!
そんでもって、音の時間差もないぞー!

始まる直前に、くまっちょが「ローズマリー、ティートゥリー」が好き♪と言っていたら、1曲目がそれで驚いた!
すげーな、くまっちょ(笑)

黒い傘をさして登場したり、
偶然全員がボーダーファッションだったり(本当に偶然なのか?)、
汗ふきまくってたり、
ガイガーカウンター持ってたりとか、
クラフトワークの「Radioactivity」をアコースティックアレンジで演奏したり、
曲順を間違えたり(どんだけ自由なんだ・笑)、
あっこちゃんが1人で弾き語ったり、
(たぶん細野さんの休憩時間・笑)
細野さんらしくて、楽しかった。
アルバムよりも声が出てる感じ。
サザンライブ以来、久しぶりのコンサート、満喫しました〜♪
行けてよかった!

<セットリスト>
01. ローズマリー、ティートゥリー
02. ラモナ
03. スマイル
04. 悲しみのラッキースター
05. Radioactivity
06. バナナ追分
07. ただいま
08. ロンサム・ロードムービー
09. デザート・ブルース
10. レイジーボーン
11. カモナ・ガール
12. 終りの季節
13. 無風状態
14. 風をあつめて
15. Hong Kong Blues
16. ポンポン蒸気
17. House Of Blue Lights
18. 蝶々さん
<アンコール>
19. はらいそ

コンサート状況の詳細はこちらの方のサイトが非常に詳しいです。
メンバー構成も書いてありますし、TシャツもGETされたようです。

あ、写真2は、内幸辺りにたっぷり居た警察官たち。
なんだったんだろー?
デモとか?

 
 Can☆
−WILLCOM−
 
ラベル:HoSoNoVa 細野晴臣
posted by Can☆ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ちっく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする